どんな設備が必要なのか

当たり前すぎる話題なのですが、あなたが開業すると考える場合、店舗に必要な什器備品などについて、どのようにお考えでしょう。

今回の提唱企画の趣旨からすれば、自宅で開業というのが一番好ましいのですが、自宅の改修をして什器備品を購入して、設置となると、よほどの大きな住宅で、改修費なども覚悟しなければ実際上は難しいのです。
まあ、そんな場合にはどれだけの店舗面積や設備が必要かというのは、業態その他によって大きく変わりますので、今後は個別に対応します。

で、ここでは当社が考える設備をお知らせします。
厨房編
まずシンクですが、これは2槽型が必要です。これは保健所などの立ち入り検査でも求められます。詳しくは説明を聞いていないのですが、食材の洗浄用と、食器の洗浄を話買える必要があるということでしょう。
次いで冷凍庫と冷蔵庫です。
当方がおすすめするのは、シンクと同一高の冷凍冷蔵庫で。
この特徴は、冷凍・冷蔵庫の天板が調理などの作業台になっていること。厨房の面積が広ければ、こんなものを入れたいです。ただし業務用なだけに、結構高いのです。ですから当社では予算に合わせて、メーカーや協力業者の使い分けを行います。

たとえばこんなスタイルの冷凍冷蔵庫

たとえばこんな機械です

加熱調理器
調理器としては、メニューにもよりますが、できればスチームコンべくションがほしいですね。
でもスチコンは場合によっては1台100万近くするものもあるので、まあ最初は無理でしょう。ですから最初はいわゆる家庭用の高温水蒸気で調理できるスチームオーブンなどでよいでしょう。このような機種でも熱風調理も可能ですから、たとえば機器を使いこなすだけで100種類以上の料理が作れるのです。

コーヒーマシン
個人的にはネスレさんの高級マシンがよいとは思うのですが、最近ではそれ以外のメーカーでもいろいろな機械式抽出機をお作りになっています。
コーヒーといえば、ネル式、ドリップ、パーコレーター、水出しなどいろいろこだわれるのですが、初心者の入れたコーヒーほどまずいものはありません。そのため、100万開業では、初心者には修行よりも、機械式をおすすめしています。とはいえ、珈琲のいれかたなどは、ご自身でも少しは研究しておいてください。
なおこちらに消化した機器は、低額起業に付属している物ではありません。中には予算的に厳しい場合には、家庭用を使用する場合があります。また投下予算によっては商品が提供できない場合があります。

これ以外に厨房にあった方がよい設備はいくつかあるのですが、それらは具体的な提案書でお知らせすることにします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

2017年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
ページ上部へ戻る