細く長くの店作りです

当社が提案する起業企画は、飲食店(主として、喫茶、カフェ、軽食)であることは、別のページでもお話したとおりです。
また、どのような方々を顧客とするかも、別ページで説明したとおりです。
ここで再度整理しておくと、当社がお手伝いする方と、起業していただく業態規模などは

奈良県にお住まいの方で、定年退職後の生きがいややりがいを求めている方(ご自身の隠れ家や、居場所でも構いませんが)
起業によって、日々の生活費を稼がなくとも良い方。月額数万円の利益が上がれば、それでも良いという方
大儲けできなくとも、長続きできるような店作りをしたい方

という方のためのものです。
実は喫茶店経営について、幾つもの繁盛店の経営者に取材させていただいたのですが、かなり叱られました。
「喫茶店や飲食業を舐めるな」というのがその大半のご意見でした。
繁盛店は、それこそ大変な努力をサれています。それはサービスや提供する商品の品質に現れています。
と同時に、開業された数と同じくらいの数の廃業がある業種でもあるのも事実です。

しかしものの見方を変えてみればどうでしょう。

儲からなくても良い=なぜそんな経営方針をとるのか
潰れない店作りをする=儲からなければ潰れるではないか

それでも否定的な言葉のほうが多いのですが、それには大きな理由があります。
つまり今は、儲けて生活費を稼ぐために、事業を展開している人が圧倒的に多いからです。
昔は自宅の一部屋を、タバコを売ったり、駄菓子を売ったり、小間物を乗らべたような小さなお店が、どの街にもたくさんありました。
今当社がシルバー世代に提案しているのは、そのようなお店であるとお考えいただければ良いのです。
もちろんそのような店舗でも、オーナーの特性や資源によっては、もっと大きな売上が期待できます。とはいえ、それらは個人の力量によるものなので、何もないすっぴんのオーナーには、細く長く経営できるような店舗づくりをお薦めしているわけなのです。

とはいえ収益計画は、非常に大切なものです。ご相談いただいた際に、条件があわなければ起業自体の断念を提案することもありますので、お気軽にご相談ください。
そして、中儲け程度に儲けたいという向きには、プラスアルファの資源をお持ちかどうかを、事前取材で確かめさせていただきます。
それはお持ちの資源が、集客に役立つかどうかということで、資源の質や種類によって、提案する内容は変化するのです。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

2017年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
ページ上部へ戻る