奈良で自分の店を持つ

はじめまして。なんだか意味不明の頁だなと思われたでしょうが、まあしばらくはご辛抱ください。

でここは、何を伝えるサイトかというと、奈良県下で意欲ある中高年の方々による、最低額100万円~を目処とした起業を行っていただこうと言うプロジェクトの紹介頁なのです。
ただし、対象は奈良県下に居住される、定年退職後の方に限定しています。ですから若い方にはご遠慮いただくことになります。
あしからずご了承ください。

また、当方の思想や信条にそぐわない方への情報提供や支援は行いませんので、ご一読いただき、反りが合わないという場合には、すみやかに撤退して下さいますようお願い申し上げます。

ということで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この計画を思いついたたきっかけは、数年前の奈良県大芸術祭に遡ります。(あくまでもきっかけだったのですが)

私は妻を伴って、コンサートに出かけました。
ロシアの著名な交響楽団に酔いしれて、夕食を地元でと思い立ったのです。勿論車で行ったのですが、コンサートホールの近くに車を止めたまま、近鉄奈良周辺を散策して、それで食事でもしようと。
ところが20分ほど歩いて、まあ奈良にはろくな食い物がないということがわかりました。
ちょっとした旅行者気分だったのですが、疲れてしまって、コンサートでもらった観光案内図にあった、大和地鶏のお店に入りました。

若鶏と親鳥の半身セットを注文したのですが、女性のバイトはオーダー忘れたままだし、赤だしは塩辛くて飲めたものではないし。
客は私達夫婦と、同じく観光客の家族っぽいグループの二組。
そのグループが、店内に貼ってある、奈良の冷酒チラシを見て、どれが個々の料理に合うのかみたいなことを、聞いていたわけです。

そうすると、そのバイトの娘は「さあわかりません。厨房に聞きに行ってきましょうか」という返事をしました。ここいらで、「ああこの観光客は、奈良観光の締めとなる夕食で、あんまりいい印象を持って貰えないだろうな」って感じたのです。

私は日本人ですから日本が大好きですし、奈良出身者ですから奈良も大好きなのです。
それだけに、同じ奈良県民として、この御店の応対が許せなかったのです。
まあ実際に奈良の魅力を語ろうとすれば、年代ごとの奈良のイメージがあるとは思うのですが。

それがなんで、100万起業という事になるの?ってことですよね。
それよりも、100万円で起業なんてできるの?ってこともありますよね。
先をお急ぎの方は、諦めてください。いくつかの条件や制限を理解しないと、単純にお金を出すからすぐ作れという風にはならないのですから。
詳しく読んでやろうじゃないかという方は、上や右側のリンクスイッチを押してください。だんだんご理解いただけるようになると思いますので。
主宰者 拝

ピックアップ記事

  1. どっちに転んでも飲食業

    近頃は喫茶店というのが少なくなってきておりまして、まあ地方都市に行くと駅前にさえ喫茶店と…
  2. ネットバンキングは、必須です

    小規模店舗では、ありとあらゆる作業をオーナーに処理していただかなくてはなりません。 ワンマンオペレ…
  3. で、何を起業するか

    実は私、サラリーマン時代に、在阪の大手ホテルの広報やFF(チキンの会社、ハンバーガーの会社2社など、…
  4. そうだ起業しよう

    自分なりに様々な方々とお話をし、情報を収集した結果、奈良をより活性化させるためには、新たな人々の流入…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

2018年12月
« 2月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
ページ上部へ戻る